薄毛になる原因と改善方法について

薄毛になる原因と改善方法入門では、薄毛になってしまう原因と改善するための方法について解説しています。

 

薄毛になる原因とは

薄毛になる原因とは具体的にどのような内容なのでしょうか。

 

ストレス

一番分かりやすいのはストレスではないでしょうか。現在の社会はストレス社会であると言われています。嫌、そうは思わないという方は、おそらく一人もいないのではないでしょうか。暮らしていく中で数多くのプレッシャーやフラストレーションが蓄積し、髪の毛にマイナス要因となってしまいます。

 

頭髪が生える基盤となっているのは頭皮です。頭皮がダメージを受けてしまえば、発毛してくる髪の毛も力強さが損なわれた状態となってしまいます。素肌に適していないシャンプーやトリートメントを利用していると、整髪料が頭皮に良くない影響を及ぼしてしまう可能性もあります。万が一、シャンプーやトリートメントに原因があるのなら、その状況には気づくことができるでしょうし、別のシャンプーを使うようにする、又は今のシャンプーを止めてしまうというような薄毛対策を実践するのは容易いでしょう。

 

それに較べると、やはりストレスから来る薄毛の対策はかなり困難を強いられます。実を言えば、薄毛になる原因とストレスの相関関係については、その改善方法についてはっきりとした数値として示されているわけではありません。

 

睡眠不足

例をあげれば、睡眠不足は薄毛の原因として考えられますが、それでは一体、何時間、睡眠時間を確保すれば、間違いなく髪が薄くなることを阻止することが出来るでしょうか。そう、誰にも毎日何時から何時まで眠ることで髪がはげませんとは断言できないのです。確かに睡眠不足が原因で薄毛になっているという方は世の中に存在しているはずなのにです。

 

不規則な食事

あるいは、毎日三食を定時に食べられるという人はどのくらいの割合になるでしょう。食事の回数やタイミングが不規則になっているために薄毛の原因となってしまうこともありますよね。

 

喫煙

さらに喫煙も薄毛の原因の一つとして良く知られています。当然ですが、喫煙習慣が体に与えるメリットは一つもありません。一日何本までなら吸ってよいなんてないはずです。

 

薄毛の改善方法

あなたが薄毛になる原因と改善方法について調べている、あるいは実践したいと考えているのなら、これらの原因について一つ一つ取り除いていくことこそが薄毛改善のための第一歩となります。

 

自分で薄毛の原因となっている事実に気付いているのに、それを放置したままではいくらシャンプーを取り替えたり、育毛剤を使ったところで、効果は見込めません。

 

育毛剤を使たからと言って、夜、眠れるようになるわけではありませんし、喫煙の害を打ち消す効果はないのです。

 

まずは、改めるべきは改め、諦めなければならない何かがあるのなら、諦めましょう。

 

薄毛改善方法には、今までの生活習慣を見直し、地に足の着いた取り組みをすることが絶対条件となります。
M字 発毛
あなたが男性でしかも薄毛の進行具合がいわゆるM字はげなら、こちらのサイトM字発毛なびも参考にしてみてはいかがですか。m字ハゲから発毛させるためのノウハウや、おすすめの育毛剤のランキングのことなどについて詳しく解説しています。

 

 

 

2013/11/30 16:11:30 |
薄毛やM字ハゲは遺伝が元凶の一つ言われています。自分のM字ハゲは、遺伝が原因だ。いくら若年性や壮年性の禿げは、大半がAGAだと言われても、どうせ遺伝は論外なんだろう。遺伝性のハゲが治せるはずがない。そう、考えてしまうかもしれませんね。ハゲは遺伝するのか事実として、父や祖父が髪の薄い家系では、子供も若い頃から髪が薄くなることが知られています。親がハゲているから、遺伝だから、とよく言います。では、本当に「ハゲ」は遺伝するのでしょうか?残念ですが、近年、研究によって、はげの遺伝子と思われる遺伝子も見つかっています。薄毛になる原因として、遺伝子は関係があるのです。ハゲの遺伝子は母方の影響を大きく受けます。母方の遺伝子の中に含まれている2つの因子が作用し、8割という高い確率で子供がハゲの遺伝を引き継ぐかどうかが決定します。ハゲの遺伝とは実際に、ハゲの遺伝子とは、体の中では、どのような作用をするものなのでしょうか。男性型脱毛症(AGA)では、男性型ホルモンの一種、テストステロンが、5αリアクターゼという酵素と結合し、DHTと呼ばれる物質が生成されます。このDHTが、頭皮の毛乳頭にある「アンドロゲン受容体」という受け皿を塞いでしまうために、その毛乳頭から生えている髪の毛が、通常よりも、やせ細ったり、成長途中で抜け落ちてしまう現象が繰り返され、薄毛やハゲが進行します。実は、人それぞれに、DHTを受け入れてしまう受け皿が多かったり、少なかったりという差があります。この受け皿が多い、少ないという個人差が、ハゲの遺伝と呼ばれるものなのです。つまり、DHTを多く取り込んでしまう人は、ハゲの遺伝子を持っている人、DHTをそれほど取り込まない人はハゲの遺伝子を持っていない人と言えるでしょう。また、AGAは、DHTの量の多さで決まるのではなく、DHTを取り込んでしまう「受容体の取り込んでしまいやすさ」で決まるのだということも覚えておきましょう。ですから、ハゲが遺伝するということを言い換えれば、AGAの発症リスクのパーセンテージが高いという意味になります。遺伝によるハゲは、治るのかでは、遺伝によるハゲは治るのでしょうか。もう、金輪際一度、薄くなってしまったM字ハゲの部分や頭頂部のハゲはいくら育毛剤を使っても治すことが出来ないのでしょうか。いいえ、諦める必要はありません。治療できる可能性は大いにあります。「でも、父親は、努力が報われず、髪が薄くなる一方だ。」なんて思うかもしれませんね。AGAの治療薬が発見され、AGAの治療法が確立されたのは、ここ数年の話しなのです。ですから、お父さんやお爺さんの時代に、薄毛やハゲが快復できなかったからと言って、あなたが絶対に治療できないという話とは、全く関係ないと思ってください。また、AGAが発症すると、年齢とともに次第に薄毛は進行してしまいます。出来る限り、早めに治療を開始すればすれほどに、M字ハゲからの回復内容や回復に要する時間にも良い結果をもたらします。お父さんとあなたが、今、一緒にAGAの治療を開始したとしても、そもそもの個人差もある上に、AGAとなってから経過した時間などの影響も受けるため、同じ遺伝子を受け継いでいたとしても治療にかかる時間や満足できる結果をのこせるかどうかが異なってくるのです。M字ハゲになる元凶として遺伝が関係しているからといって、これから発毛する可能性がないわけではないのです。もし、月々、1万円~2万円程度の支出が可能であれば、すぐにでも薄毛を改善する方法として、育毛剤による育毛対策やAGA専門医のカウンセリングを受けてみることをおすすめします。
2013/11/30 04:11:30 |
M字はげの主なファクターについて紹介します。まずはM字はげの原因と密接な関係のある髪の毛の成長サイクルについて見ていきましょう。髪の毛の成長サイクル(毛周期)について髪の毛の成長サイクル(発毛サイクル)ってご存知ですか?そもそも、髪の毛は、一生、伸び続けるものではないんです。特に抜け毛が多いという方ではなくても、みんな日頃から少しずつ髪の毛って、抜け落ちていますよね。髪の毛には、毛周期と呼ばれる成長サイクルがあるんです。通常、1本の髪の毛の成長サイクルは、2年~7年 その間、1か月に1センチメートルのペースで成長を続けます。一人の人間には、およそ10万本の髪の毛があります。そして、普段、髪の毛は1日に100本ほどが抜け落ちています。 だけど、同じように1日に100本のペースで新しい髪の毛が生まれてきます。毎日、同じ量の髪の毛が、自然と入れ替わり、同じボリュームを保っているんですね。髪の毛が抜け落ちた部分は、それで役目を終えるわけではありません。 しばらく時間がたつと、また新しい髪の毛が生えてきます。このサイクルを髪の毛の成長サイクルやヘアサイクル、または毛周期と呼んでいます。M字禿げの主な原因とはどうして、M字禿げになるのでしょう。男性が薄毛になる原因としてよく言われるのは、毛髪が成長をするのに、欠かせない栄養素が足りなくなる。年を取るに従い、毛細胞自体の働きが鈍くなる。髪の毛が十分に成長できず、栄養失調で、本来よりも早くに抜け落ちてしまい、さらに次の髪の毛が生えてこない。などでしょう。また、一般的な薄毛になる原因としてストレス脂質異常喫煙習慣睡眠不足バランスの行き届かない食生活体の冷えなどが知られています。もちろん、これらが原因で抜け毛・薄毛が進行をすることもあります。さらに、女性の場合には、他にも様々な要因で毛髪の成長が阻害されることがあります。ですが、男性に限って言えば、20代~50代の若年期の抜け毛・薄毛の主な原因(大部分)は、男性ホルモンです。人の体の中には、男性ホルモンの一種であるテストステロンと呼ばれる物質があります。テストステロンが、5αリアクターゼと呼ばれる酵素と結合すると、デヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる物質に変化します。このDHTこそが、強い脱毛作用をもち、髪の毛の毛根の部分、「毛乳頭」にある「アンドロゲン受容体」と呼ばれる部位に悪影響を与えることで、抜け毛が多くなったり、薄毛が進むのです。髪の毛が最初に薄くなる場所によって、薄毛の原因が違うということはありません。薄毛になりやすい人、なりにくい人があるように、髪の毛も各人ごとに、DHT(悪玉)の影響を受けやすい部分が違っているのです。ですから、M字はげの原因も、もちろん主原因はAGAということになります。M字はげの主な原因であるAGAについて理解できましたか。AGAだからと言っても、諦める必要はありません。今では、M字はげを発毛回復するために、発毛剤や育毛剤、あるいは病院で治療するという選択肢があります。原因がわかれば、対策も立てやすくなったはずです。ご自分の予算に合わせて、これからM字はげからの発毛を目指して改善方法に取り組みようにしましょう。