薄毛になる原因と改善手段入門では、薄毛になってしまう原因と改善するための手段について解説しています。

 

薄毛になる原因とは

薄毛になる原因とは具体的にどのような内容なのでしょうか。

 

ストレス

一番分かりやすいのはストレスではないでしょうか。現在の社会はストレス社会であると言われています。嫌、そうは思わないという方は、おそらく一人もいないのではないでしょうか。暮らしていく中で数多くのプレッシャーやフラストレーションが蓄積し、髪の毛にマイナス要因となってしまいます。

 

頭髪が生える基盤となっているのは頭皮です。頭皮がダメージを受けてしまえば、発毛してくる髪の毛も力強さが損なわれた状態となってしまいます。素肌に適していないシャンプーやトリートメントを利用していると、整髪料が頭皮に良くない影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

 

万が一、シャンプーやトリートメントに原因があるのなら、その状況には気づくことができるでしょうし、別のシャンプーを使うようにする、又は今のシャンプーを止めてしまうというような薄毛対策を実践するのは容易いでしょう。

 

それに較べると、やはりストレスから来る薄毛の対策はかなり困難を強いられます。実を言えば、薄毛になる原因とストレスの相関関係については、その改善方法についてはっきりとした数値として示されているわけではありません。

 

睡眠不足

例をあげれば、睡眠不足は薄毛の原因として考えられますが、それでは一体、何時間、睡眠時間を確保すれば、間違いなく髪が薄くなることを阻止することが出来るでしょうか。そう、誰にも毎日何時から何時まで眠ることで髪がはげませんとは断言できないのです。確かに睡眠不足が原因で薄毛になっているという方は世の中に存在しているはずなのにです。

 

不規則な食事

あるいは、毎日三食を定時に食べられるという人はどのくらいの割合になるでしょう。食事の回数やタイミングが不規則になっているために薄毛の原因となってしまうこともありますよね。

 

喫煙

さらに喫煙も薄毛の原因の一つとして良く知られています。当然ですが、喫煙習慣が体に与えるメリットは一つもありません。一日何本までなら吸ってよいなんてないはずです。

 

薄毛の改善方法

あなたが薄毛になる原因と改善方法について調べている、あるいは実践したいと考えているのなら、これらの原因について一つ一つ取り除いていくことこそが薄毛改善のための第一歩となります。

 

自分で薄毛の原因となっている事実に気付いているのに、それを放置したままではいくらシャンプーを取り替えたり、育毛剤を使ったところで、効果は見込めません。育毛剤を使たからと言って、夜、眠れるようになるわけではありませんし、喫煙の害を打ち消す効果はないのです。

 

まずは、改めるべきは改め、諦めなければならない何かがあるのなら、諦めましょう。薄毛改善方法には、今までの生活習慣を見直し、地に足の着いた取り組みをすることが絶対条件となります。

 

M字ハゲの発毛回復と育毛剤

 

あなたが男性でしかも薄毛の進行具合がいわゆるM字はげなら、こちらのサイトM字発毛なびも参考にしてみてはいかがですか。m字ハゲから発毛させるためのノウハウや、おすすめの育毛剤のランキングのことなどについて詳しく解説しています。

 

 

 

髪の毛の構造

みなさんは、普段髪の毛がどのように出来ているか、考えたことはありますか。ダメージがひどい時、抜け毛がひどい時などは、「どうして、こんな風になってしまったんだろう?」と考える方が多いと思いますが、髪の構造までは考える方は少ないでしょう。

 

髪をしっかりとケアしていくためには、髪の構造なども知っておくと、ケアがしやすくなりますよ。では、髪の毛の構造について、ご紹介しましょう。まず、髪が抜けた時、抜けた髪を見てみると、先の部分が膨らんでいますよね。これは、毛球といわれている部分となり、髪を作るためには、欠かせない部分なんですよ。

 

毛球があることで、髪が元気に作られていくことになります。そして、毛球の先にあるくぼんでいる部分を毛乳頭といい、この毛乳頭により新しい髪を作りだし、分裂をするなどの大切な役割を果たしている部分となります。そして、髪の毛は3層から作られています。

 

一番外側にあるのが、良く耳にするキューティクルと呼ばれている部分。毛表皮とも呼ばれており、ここのダメージによって髪の状態が変わってくることになります。次にあるのが、毛皮質と呼ばれている部分。毛皮室は、髪のほとんどを占めており、ケラチンとたんぱく質で作られています。そして、一番中にあるのが毛髄質となります。

 

このように、髪はいくつもの構造によって作られているものとなります。普段のケアの際、こういった構造から作られていることを頭に入れておくと、ケアの際にも力が入るのではないでしょうか。

冬は乾燥対策

髪が長い方は、「冬になると、すぐに髪が絡まってしまう」という方も多いと思います。冬場の時期は、肌なども乾燥しやすくなりますから、ケアに力を入れている方も多いでしょう。

 

では、冬場に必要となる髪のケア、乾燥対策について、ご紹介しましょう。髪にとっても、肌同様に乾燥は大敵。通常、私たちの髪の毛には12パーセントから13パーセント程度の水分が含まれていることになりますが、乾燥してしまい、7パーセント程度の水分量となってしまうと、キューティクルがはがれやすい状態となってしまいます。

 

ということは、乾燥させてしまうことで、髪のダメージが加わりやすくなるということ。頭皮に関しても乾燥してしまえばかゆみなどが出てしまいますし、フケが出てしまったり、炎症などを引き起こしてしまうこともありますから、しっかりと乾燥対策を行っておくことが必要。

 

「でも、どうやって乾燥対策をすれば良いの。」と思われる方もいると思います。まず、髪に関してはしっかりとトリートメントを行うこと。ドライヤーで乾かす前には、更に流さないトリートメントなどで保護することが必要となるでしょう。また、普段の生活の際には部屋の中の乾燥を防ぐことも大切。

 

加湿器などを使用しておけば、風邪予防なども出来ますから、おすすめですよ。そして、普段使うブラシなどは静電気が起きないものなどを選ぶことも重要となってくるでしょう。このように、冬場には肌同様に髪も乾燥対策がとても重要となってきます。