遺伝が元凶の薄毛の治療について

薄毛やハゲは遺伝が薄毛の一つ言われています。

  • 自分のM字ハゲは、遺伝が原因だ。
  • いくら若年性や壮年性の禿げは、大半がAGAだと言われても、どうせ遺伝は論外なんだろう。
  • 遺伝性のハゲが治せるはずがない。

そう、考えてしまうかもしれませんね。

 

ハゲは遺伝するのか

事実として、父や祖父が髪の薄い家系では、子供も若い頃から髪が薄くなることが知られています。

 

親がハゲているから、遺伝だから、とよく言います。では、本当に「ハゲ」は遺伝するのでしょうか?

 

残念ですが、近年、研究によって、はげの遺伝子と思われる遺伝子も見つかっています。

 

薄毛になる原因として、遺伝子は関係があるのです。

 

ハゲの遺伝子は母方の影響を大きく受けます。母方の遺伝子の中に含まれている2つの因子が作用し、8割という高い確率で子供がハゲの遺伝を引き継ぐかどうかが決定します。

 

ハゲの遺伝とは

実際に、ハゲの遺伝子とは、体の中では、どのような作用をするものなのでしょうか。

 

男性型脱毛症(AGA)では、男性型ホルモンの一種、テストステロンが、5αリアクターゼという酵素と結合し、DHTと呼ばれる物質が生成されます。

 

このDHTが、頭皮の毛乳頭にある「アンドロゲン受容体」という受け皿を塞いでしまうために、その毛乳頭から生えている髪の毛が、通常よりも、やせ細ったり、成長途中で抜け落ちてしまう現象が繰り返され、薄毛やハゲが進行します。

 

実は、人それぞれに、DHTを受け入れてしまう受け皿が多かったり、少なかったりという差があります。

 

この受け皿が多い、少ないという個人差が、ハゲの遺伝と呼ばれるものなのです。

 

つまり、DHTを多く取り込んでしまう人は、ハゲの遺伝子を持っている人、DHTをそれほど取り込まない人はハゲの遺伝子を持っていない人と言えるでしょう。

 

また、AGAは、DHTの量の多さで決まるのではなく、DHTを取り込んでしまう「受容体の取り込んでしまいやすさ」で決まるのだということも覚えておきましょう。

 

ですから、ハゲが遺伝するということを言い換えれば、AGAの発症リスクのパーセンテージが高いという意味になります。

 

遺伝によるハゲは、治るのか

では、遺伝によるハゲは治るのでしょうか。もう、金輪際一度、薄くなってしまったM字ハゲの部分や頭頂部のハゲはいくら育毛剤を使っても治すことが出来ないのでしょうか。いいえ、諦める必要はありません。治療できる可能性は大いにあります。

 

「でも、父親は、努力が報われず、髪が薄くなる一方だ。」なんて思うかもしれませんね。AGAの治療薬が発見され、AGAの治療法が確立されたのは、ここ数年の話しなのです。

 

ですから、お父さんやお爺さんの時代に、薄毛やハゲが快復できなかったからと言って、あなたが絶対に治療できないという話とは、全く関係ないと思ってください。

 

また、AGAが発症すると、年齢とともに次第に薄毛は進行してしまいます。
出来る限り、早めに治療を開始すればすれほどに、薄毛からの回復内容や回復に要する時間にも良い結果をもたらします。

 

お父さんとあなたが、今、一緒にAGAの治療を開始したとしても、そもそもの個人差もある上に、AGAとなってから経過した時間などの影響も受けるため、同じ遺伝子を受け継いでいたとしても治療にかかる時間や満足できる結果をのこせるかどうかが異なってくるのです。

 

薄毛になる原因として遺伝が関係しているからといって、これから発毛する可能性がないわけではないのです。

 

もし、月々、1万円~2万円程度の支出が可能であれば、すぐにでも薄毛を改善する方法として、育毛剤による育毛対策やAGA専門医のカウンセリングを受けてみることをおすすめします。