女性が薄毛になってしまう要因とは

女性が薄毛になる原因についての解説です。

 

抜け毛や髪が薄くなる悩みと聞けば、普通なら男性のM字はげや円形脱毛症の話だと考えてしまう方が多いでしょうが、実のところ、近頃では女性の薄毛の悩みが多くなっているんです。実に10人中1人は、抜け毛が多いことや髪が薄くなっていることが悩みだと言います。1割の方が悩んでいることは、人口にすればかなりの人数になります。

 

さらに、10代や20代の若い年代の女性でも薄毛で悩んでいるという方も多くいます。薄毛は今では多くの女性に共通する悩みごとに一つになっているんです。それでは、女性の薄毛の原因について、紹介していきましょう。

 

「まだ若いのに、なぜ薄毛になってしまうのだろう?」と考える方もいるでしょう。もちろん、薄毛になる原因はケースバイケースです。

 

若い女性が薄毛になる原因について

若い女性が薄毛になる原因としては、無理なダイエットが原因となっているケースもあれば、日頃のヘアケアで髪がダメージを受けてしまい薄毛となっているケースもあります。髪がダメージを受けてしまうようなヘアケアとは、繰り返しパーマやカラーを行っているなどが当てはまるでしょう。

  1. 無理なダイエット
  2. 日頃のヘアケアでの髪へのダメージ

 

年配の女性が薄毛になる原因について

また、年配の女性の場合では、頭皮細胞が老化したことが原因で髪の毛が抜けやすくなってしまいます。歳を重ねるに従い、髪の毛が次第にコシがなくなってしまい、ボリュームダウンしてしまうわけですが、日頃のお手入れ次第ではボリュームダウンを改善することも可能です。

 

女性の薄毛改善方法の基本

ですから年齢に関係なく女性が薄毛になる原因を取り除きたいと考えるなら、まず日頃の髪の毛のケアを再確認することが必要となります。

 

パーマやカラーリングを頻繁に行っていないか。あるいは日頃、髪の毛や頭皮が傷んでしまうようなケアをしていないか、など思い当たる節があるのなら、髪や頭皮に負担をかけないよう、対策をとりましょう。
他にもシャンプーやトリートメントも頭皮や髪に悪影響を与えることがあります。今の髪の毛の健康状態やあなたの年齢にマッチした商品をお使いになることも必要です。

 

今までの頭皮ケア方法だけでは、足りない、以前の発毛状態に戻りたいと感じた時には、育毛シャンプーや育毛剤、発毛剤などもおすすめです。一度、試してみてはいかがでしょう。